Project : サンシー ノンラバー 002

Client : 
第一三共ヘルスケア株式会社
Story : 製薬メーカーのコンドームとして、社会提議に繋がるパッケージを、との意向を組んで、デニムをきた女性の後ろ姿を採用、また、その女性の手にコンドームを持たせることで、日常的に女性も自らの意思で持つものである、という提案。全体的なデザインも雑貨感を意識して、恥ずかしくない仕上がりを意識した。

Project : 真空断熱ストローボトル

Client : 
サーモス株式会社
Story : 自転車専用に開発された商品特性を大胆に表現したパッケージデザイン。しっかり冷えることを機能的に訴求するデザインで品質保証を表現した。ボトルからーと連動したパッケージカラーも店頭での差別化に大きく貢献した。

Project : わたしの泡タオル 

Client : 
株式会社マーナ
Story : お風呂にあるナイロンタオルの新定番ブランドを作る、という命題に取り組んだ事例。ナイロンタオルの常識を変える全種類が白いタオル、あらゆる嗜好に合うタオルが選べることを表現するネーミング、創業時の精神を復活させるマルナのBI提案、全てにおいてチャレンジングなカテゴリー創造となった。

Project : パチック

Client : 
株式会社クレハ
Story : 40年ぶりのリニューアルをプロダクト刷新から担当。トータルディレクションを担当したため、各方面のプロフェッショナルを登用。日々使う製品であるため、認知行動学の側面から東京大学の教授をアドバイザーに招聘し、プロダクトデザインはサンフランシスコのプロダクトチームと組む事で、グローバル感覚のデザインに昇華させた。

Project : ショコラにプラス

Client : 
株式会社ロッテ
Story : 機能性がプラスされたチョコレート菓子。機能性を全面的に演出しつつ、おいしさ感を併用するために、機能を担保する素材感を上部にぎっしりと配置した。提案型のお菓子は転換期にあるが、その中で提案できるパッケージデザインを手掛けた。

Project : 調整豆乳/ラックミー

Client : 
株式会社ヤクルト本社
Story : ヤクルトさんの宅配を楽しみにしている皆様へ、ヤクルト製品が持つ正しい品質感や鮮度、素材を感じるパッケージ演出。毎日飲んでも飽きがこない、愛着を持てる雰囲気作りで、ヤクルトらしさを強化した。

Project : タニタ食堂の100kcalデザート

Client : 
森永乳業株式会社
Story : カテゴリーに新規提案となる商品投入に際して、ネーミングとBI、そしてパッケージをトータルで提案。カフェメニューのようなBIから新規性を演出し、認知向上より差別化を主眼としている。レトルトへの展開も含め見た目の変化が少ないシズル認知を、フレーバーカラーや相性の良い具材の露出でカバー。

Project : シチューオンライス

Client : 
ハウス食品株式会社
Story : カテゴリーに新規提案となる商品投入に際して、ネーミングとBI、そしてパッケージをトータルで提案。カフェメニューのようなBIから新規性を演出し、認知向上より差別化を主眼としている。レトルトへの展開も含め見た目の変化が少ないシズル認知を、フレーバーカラーや相性の良い具材の露出でカバー。